マラソントレーニング〜LSD〜

マラソンの練習では、さまざまなトレーニング方法があります。トレーニング内容によって得られる効果は異なるため、どのようなトレーニングをどのくらいすれば効率よくマラソンに活かせるかを考えてみます。

マラソントレーニング

マラソンのトレーニング方法には一般的にジョギング、ペース走、ビルドアップ走、インターバル走、ウインドスプリント、LSD、レペテーション、積極的休息などがあります。

今回は、LSDのトレーニング方法と効果などについてまとめました。

マラソントレーニング〜LSD〜

LSDとはLong Slow Distanceの略で、

Longは長く、Slowはゆっくり、Distanceは距離、みちのりという意味です。つまり、LSDとは、「長くゆっくりとした道のり」という意味となります。

フルマラソンを目指すランナーが積極的に行うといいとされるトレーニング方法でもあり、フルマラソンでよく言われる30kmの壁を乗り越えるためにもトレーニングとしてよく取り入れられています。

しかし、LSDといっても、ただ長く走ればいいというものではありません。正しく、LSDを行わなければ、せっかく長く走ってもトレーニングの効果が半減してしまいます。

LSDの効果

LSDには、筋持久力や心肺持久力を同時に上げる事ができるトレーニング方法です。筋持久力は、そのため、フルマラソンの30kmの壁を乗り越えるためのトレーニング方法としても有効です。

筋持久力は筋力が持続できる能力を示しており、筋肉が繰り返し収縮し続けられる能力と言われています。ある一定の負荷でどの位の回数,どの位の時間を筋肉が繰り返し運動し続けられるかを表すものです。

筋持久力にを高めるには(リンク)

心肺持久力は、心臓や肺を中心とした全身の循環系の能力です。この心肺持久力の指標は最大酸素摂取量で表わすことができます。

最大酸素摂取量について(リンク)

いろいろ効果があるといわれていますが、長時間体を動かし続けることで長時間のランニングに慣れる事と、精神面を鍛える事だと思います。

LSDの効率的なトレーニング方法

トレーニングとしてLSDを効率よく行うにはいくつか注意する事があります。

ゆっくり走る

LSDは、Long Slow Distanceであるので長くゆっくりと走る事が最大の目標であり、ゆっくり走る事で体の動きもゆっくりとなり、腕や脚の動きを意識して走る事ができます。

ゆっくりのペースは?

トレーニングでのLSDはどの位の速さで走れば効率の良いトレーニングといえるのでしょうか。

一般的に、呼吸が乱れず、人と話しながら走れる速さがベストといわれています。一緒に走る人がいれば話しながら走ったり、景色を見ながら走ると自然とゆっくりペースとなり効率的なトレーニングとなると思います。

走り方、フォーム

LSDの時の走り方でよく言われいるのが、フォームを意識して走るとあります。フォームを意識することも大切ですが、フォームを意識しすぎてランニングが嫌になったり、正しいと言われているフォームがあわない人もいます。

フォームは人それぞれで、体格や骨格によっても異なりますので、自分自身にあったフォームを見つける事も必要と考えます。

フォームは、長く走っていく中で、楽に走れる形が自然と出来ていくものと考えていますので、LSDはフォームを作るために走るものだと思います。ただむやみに走るだけでは効率が落ちてしまいますので、LSDの時に意識する最低限の事をいくつか紹介します。

LSDの時に意識する事

  • 歩幅小さくする
  • 目線を上げすぎない、下げすぎない
  • お腹に軽く力を入れてへこませる意識を持つ

この3点だけを意識して走ると、LSDが効率的なトレーニングとなるのではないでしょうか。

腕の振りや足の動かし方と言った細かな事より、走る時の意識をするだけでLSDは効率的な練習になると思います。

まとめ

今回LSDについてまとめましたが、必要な練習、トレーニングはランナーそれぞれ異なりますので、絶対に良い、絶対に良くないなどはないと思います。トレーニングで大事なのは、走力を高めるために必要な練習がなにかを考える事と、楽しくランニングをする事だと思います。ランナーそれぞれ置かれた環境も違いますし、走る時間の確保も難しい人もいます。それぞれの環境の中で工夫して練習、トレーニングする事が必要と思います。また、練習、トレーニングの内容を考える事も、マラソンの楽しみではないでしょうか。

私自身の練習、トレーニングに有効と考える内容ですが、何か参考になる部分があればぜひトレーニングに、練習に取り入れてみて下さい。