ランニング中のケガ〜膝〜

ランニングなどのスポーツの怪我には、大きく分けてスポーツ外傷とスポーツ障害の2種類あります。スポーツ外傷は、物や人にぶつかったり、外部から瞬間的に強い力が加わることによる怪我で、スポーツ障害は、走ったり跳んだり投げたりと同じ動作の繰り返しにより、骨や筋肉、腱などが疲労して起こる怪我です。

膝はスポーツ中に怪我のしやすい部位の一つです。膝関節は大腿骨と、脛骨、膝蓋骨の3つの骨で構成されており、大腿骨と脛骨がぐらつかないように外側側副靭帯、内側側副靱帯、前十字靭帯、後十字靭帯の4つの靱帯が膝関節の安定に関与しています。

膝の外傷と障害

膝周囲のスポーツ外傷

膝、膝周囲のスポーツ外傷には、靭帯損傷、靭帯断裂、半月板損傷、捻挫、骨折、脱臼、打撲(骨挫傷)、肉離れなどが考えられます。

靭帯損傷、靭帯断裂

膝の靭帯には外側側副靭帯、内側側副靱帯、前十字靭帯、後十字靭帯があり、膝周りに腸脛靭帯、膝蓋靭帯などがあります。これらの靭帯が膝関節の安定や膝関節の動きにに重要な役割をしています。

靭帯の位置は、膝の内側に内側側副靱帯、外側に外側側副靱帯、脛骨の前方から大腿骨側に前十字靱帯、脛骨の後方から大腿骨側に後十字靱帯があります。

身体の役割は、外側側副靱帯、内側側副靱帯は、膝が左右にグラつくのを抑えています。前十字靱帯は膝から下が前方へ異常に出過ぎないように抑えています。後十字靱帯は膝の全体の安定性を保っています。

膝の靭帯損傷は、膝関節へ外力が加わることで靱帯が損傷して痛み等の症状が出現する疾患です。外力が大きいと単独でなく複数の靱帯に損傷をきたしてくることもあります。2箇所以上の靱帯が損傷を受けた場合、膝複合靱帯損傷ともいい、1箇所の靭帯損傷よりも関節が不安定となり、半月板の損傷や軟骨の損傷を合併することが多くなると言われています。

ランニング中のケガ〜膝:靭帯損傷編〜

膝の靭帯の画像です。膝の靭帯には外側側副靭帯、内側側副靱帯、前十字靭帯、後十字靭帯があります。
膝の靭帯のイラスト

半月板損傷

半月板は膝関節(大腿骨と脛骨の間)にあるC型をした線維軟骨の板です。膝関節の内側・外側にあり、それぞれ内側半月板・外側半月板といいます。

半月板は、膝にかかる荷重を分散したり、衝撃を吸収したりする(クッション)役割をしています。亀裂や欠けたりして損傷すると、膝を曲げた時や伸ばした時に痛みやひっかかりを感じます。場合によっては、膝に水(関節液)がたまったり、ロッキングと言われる急に膝が動かなくなる状態になる場合もあります。

慢性化すると変形性膝関節症を引き起こす可能性もあります。

半月板損傷の詳細

ランニング中のケガ〜膝:半月板損傷編〜

骨折

全身の骨

骨折は、外部から瞬間的に強い力が加わることにより起こり得ます。完全に折れてずれる骨折やずれのない骨折、ひびの状態の骨折などがあります。

腫れ、内出血、圧痛(押したときの痛み)、轢音(骨折部が動く音)、変形などが主な症状です。

骨折は、大きくわけて、閉鎖性骨折、開放骨折などに分けられます。

骨折の詳細

ランニング中のケガ〜膝:骨折編〜

打撲(骨挫傷)

打撲(骨挫傷)とは、衝突や転倒などの強い衝撃によって、筋繊維や血管が損傷することをいいます。激しくぶつかり合うスポーツで多く発生します。

(サッカーやラグビー、格闘技など)

圧痛(軽度)、腫れ、熱感のある痛み、内出血などが主な症状です。

打撲(骨挫傷)の詳細

ランニング中のケガ〜打撲(骨挫傷)編〜

膝捻挫

膝関節に力が加わり通常の可動域を超えて骨が動いた時に起こるケガをいい、関節を支える靭帯や関節包などの軟部組織や、軟骨が損傷することをいいます。

医学用語による定義では、

異常な外力により関節包や靭帯の一部を損傷していても、関節面相互の適合性が正常に保たれている状態

をいいます。

関節の腫れ、痛みなどが主な症状です。

膝の捻挫の詳細

ランニング中のケガ〜捻挫、脱臼編〜

脱臼

膝周囲で起こる脱臼は、膝蓋骨の脱臼がほとんどとです。膝蓋骨の脱臼は大腿骨に対して膝蓋骨がはずれてしまう状態です。

膝の外側への脱臼がほとんどで、内側への脱臼は非常にまれです。

外傷による場合だけでなく、膝蓋大腿関節の先天的な形態の異常、関節弛緩性、軟部組織のバランス異常などが原因となり膝蓋大腿関節から膝蓋骨がずれてしまう事もあります。

膝の脱臼の詳細

ランニング中のケガ〜捻挫、脱臼編〜

まとめ

2020-01-06マラソン 怪我マラソン, 怪我

Posted by takacyan