小牧山へランニング・登山〜ランニングコースと登山道の紹介〜

小牧山は、小牧市のほぼ中央(市街地の西側)位置している小牧山は、標高85.9メートル、総面積約21ヘクタールの小山です。頂上からは尾張平野を一望できる眺望の地です。
また、山頂には三層四階建ての小牧市歴史館があります。

小牧山の位置

小牧山は、小牧市のほぼ中央に位置し標高85.9メートル、総面積約21ヘクタールの小山です。
尾張平野の中に孤高しており、頂上からは平野を一望に見渡すことができます。

小牧山の歴史

標高85.9mの小牧山の頂上にある小牧城(小牧市歴史館)は、原始時代から戦国時代、近代までの歴史と文化を伝える郷土資料館です。小牧山城を再現されたお城です。

小牧山には1563年に織田信長が小牧山城を建築し居城していたといわれており、小牧・長久手の戦いの舞台にもなった歴史色の濃いところです。

小牧市歴史館

小牧・長久手の戦い

小牧・長久手の戦いは、天正12年(1584年)3月から~11月にかけて、羽柴秀吉陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦いです。
織田信長が天下統一を目前に亡くなり、後継者をめぐり争いが起こ他っと言われています。
尾張北部にある小牧山城、犬山城、楽田城を中心に、尾張南部、美濃西部、美濃東部、伊勢北部、紀伊、和泉、摂津の各地で合戦が行なわれました。

小牧山の全貌

出典:http://komakiyama.com/

小牧山のランニングコース

小牧山のランニングコースの案内看板です。ランニングコースは、丘のような山に整備された散策路で、コースは山腹をぐるっと1周しながら上っていくルートでの1Kmのコースです。
小牧山ランニングコース

小牧山のランニングコースは、丘のような山に整備された散策路で、コースは山腹をぐるっと1周しながら上っていくルートでの1Kmのコースです。スタート地点はふもと、ゴール地点は頂上付近で片道1Kmのランニングコースとなっています。

平日でもウォーキングをしている人も多く観光客も多いのですが、コース幅が広いため比較的走りやすいランニングコースとなっています。

また、100mごとに距離表示があります。距離が片道1Kmですが高低差80mくらいありますので程よい起伏を利用して坂道を使ったトレーニングが気軽にできます。1往復2Kmを何度か行ったり、他の登山道を混ぜてトレイルランニングの練習を行ったりできます。

2020年には 小牧山、小牧山ランニングコース等を使った、小牧山城トレイルランエンデューロ2020 というトレイルランニングの大会も予定されていました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で停会は開催されませんでしたが、翌年以降大会が開催されるかもしれません。

小牧山ランニングコース1

小牧山ランニングコースのスタート地点は小牧山の南側にあります。小牧山をぐるぐる回りながら山頂を目指します。コースはほぼ上りとなります。

小牧山ランニングコース2
小牧山ランニングコース3
小牧山ランニングコース4
小牧山ランニングコース5
小牧山ランニングコース6
小牧山ランニングコース7
小牧山ランニングコース8

小牧山の登山道

まとめ

2021-05-06登山 トレラン

Posted by takacyan