ランニングシューズの疑問 ~一番上の二つの穴~

ランニングシューズを履くときに一番上(足首側)に二つ穴がある事に疑問を感じたことはありませんか?
ランニングシューズの種類にもよりますが、多くのランニングシューズ、スニーカーに二つの穴がついています。
二つ穴は間隔が狭く何のための穴かわからずにいる人も多いのではないでしょうか。
一度ひもを通そうとすれば微妙な結び方になり、ひもも長さが足りなくなってしまいます。
この二つの穴は、ランニングをする時にとても重要な役割を果たしています。

一番上(足首側)の二つ穴

一番上(足首側)の二つ穴の起源

この二つの穴は、1980年に「アシックス」が「実用新案」として出願し登録されました。
実用新案とは、物品の形状、構造又は組合せに関するアイデアです。特許のようなものでしょうか。
現在では、「実用新案」で保護される権利は期間終了しているため、他のメーカーでも使用できています。
アシックスによると、この二つの穴は「2段ハトメのシューレーシング」(ハトメ=ひもを通す穴)と呼び、
シューズを履いて、かかとが浮くような感覚がある方、足幅が細い方、甲が低い方に2段ハトメのシューレーシングを使用して欲しいとて紹介しています。

一番上(足首側)の二つ穴の使用方法

一番上(足首側)の二つ穴を正しく使用する方法の例

・靴ひもを通すとき、一番上(足首側)の一つ目の穴までひもを通し、下から上に出す。
・一つ目の穴からでたひもを、隣の穴に上から下に通して小さな輪をつくる。
・もう片方も同じように輪をつくる。
・輪の中へ反対側のひもを内側から外側に通す。
・輪の中を通ったひもを上方向へギュッと引き上げ、足首周囲を締める。
・このあとは通常通り靴ひもを結ぶ。

一番上(足首側)の二つ穴
一つ目の穴の下から上に出す
輪っかを作る
反対側のひもを通す
引っ張り締め上げる

引っ張り締め上げる

足首側の二つ穴はこのように使用して輪を作って、ひもを通して足首、かかと締めることができます。
この二つの穴を使った靴ひもの結び方を「ヒールロック」や「レースロック」と呼ぶ人もいます。

一番上(足首側)の二つ穴の効果

一番上(足首側)の二つ穴の効果は、穴を正しく使用することで、フィット感、かかとの固定、ひもじめの効果があります。
靴ひもはつま先(先端)側から正しく締めるだけでも安定しますが、一番上(足首側)の二つ穴を使用すると足首ががっちりロックし靴が足と一体化したような感じになります。
アシックスによると「タイトなフィット感と高いひもじめ効果が得られる」とされています。

まとめ


一番上(足首側)の二つ穴は「アシックス」が考案したあなで、靴を履いたときに、足首をよりロック(締め付け固定)するために
使用する穴です。この穴で輪を作り、この輪に反対側のひもを通してひもを引くことで足首周囲を締めることができます。
ランニングをする人、しない人問わず知らなかった人は是非一度試してみてもらいたいと思います。
想像以上に、くつのフィット感を味わうことが出来ると思います。

ランニングウェアの洗い方~汗の臭い対策~

ランニング中の膝の痛み

ランニングシューズの紹介~ on(オン) ~

おすすめのマラソン大会

2019-08-21マラソン

Posted by takacyan