ランニングウェアの洗い方〜汗の臭い対策〜

夏場、冬場に限らずランニングの時には汗をかきます。特に夏場では大量に汗をかき、自分の臭いや他の人の臭いが気になる事が多くなります。ランニングなどの運動による汗の臭いには主に2つの原因があると考えられています。

汗をかいた人のイラストです。大量の汗をかいて汗をタオルで拭いています。
汗をかいた人

ひとつ目は、ランニングなどの運動による疲れた体から放たれる疲労臭です。疲労臭はアンモニア臭を伴います。

ふたつ目は、ランニングウェア(Tシャツやラン二ングパンツ)などの衣類の臭いです。ウェアは長期間使用すると洗っても匂いが残ってしまう事もあります。

今回、臭いの原因の一つであるウェアの臭いの原因と対策、洗い方について考えてみたいと思います。

ランニングウェア

近年のランニングウェアは、吸収速乾効果の高い機能性Tシャツ、パンツが多く、汗を素早く吸いとって放出してくれるので快適にランニングできます。一般的に、このウェアは素材がポリエステルで、吸収性や速乾性を高めるために極細の繊維で作られています。

ランニングウェアの臭いの原因

吸収速乾効果の高い機能性のウェアは、臭いが残りやすい、すぐに臭くなるというデメリットがあります。これは、ウェアが極細の繊維で作られている事に起因しており、繊維に汚れが溜まりやすく、また落ちにくくなってしまっています。繰り返し着用すると汚れが少しずつ溜まり、洗濯をしても汚れが落ちず、臭いもおちなくなってしまいます。

また、洗濯直後は臭いがしなくても、ランニングなどに着用し汗をかいた時に臭いがぶり返す事もあります。これは、ウェアの落としきれていない汚れに皮膚表面の雑菌が移り、繁殖した結果臭いが発してしまうと考えられています。繁殖した菌は洗濯するまで繁殖しますので、洗濯までの時間が経つほど洗濯しても取れないしつこいニオイになってしまいます。

ランニングウェアの洗濯後も汗臭い原因

ランニングウェアの洗濯後も臭いが残る原因は、

  • 繊維まで洗えていないため、繊維に絡みついてる皮脂・垢・汗・汚れが落ちていない。
  • 生渇き状態である
  • 洗濯機が汚れているため、汚れが洗濯により衣類についてしまう。

などです。

洗濯をしても臭いの原因になる菌が繁殖してしまうことが原因と考えられます。

洗濯洗剤〜液体洗剤と粉末洗剤〜

粉末洗剤と液体洗剤のイラストです。
粉末洗剤と液体洗剤ともにメリット、デメリットがあります。目的に応じて使用することが必要です。
粉末洗剤と液体洗剤

液体洗剤の種類とメリット、デメリット

液体洗剤には、中性、弱アルカリ性のタイプがありめす。ウール素材、デリケートな衣料には中性洗剤を良く使用します。また、日常的な洗濯で汚れを落とす時には弱アルカリ性洗剤を良く使用します。

液体洗剤は、汚れの落ちがおだやかで洗濯物(衣類等)を傷めづらい特徴があります。液体のため、水に溶けやすい事と、ひどい汚れの部分には直接かけることができるため使いやすいメリットがあります。

中性と、弱アルカリ性では、洗浄力は弱アルカリ性の方が高いです。

粉末洗剤の種類とメリット、デメリット

粉末洗剤は弱アルカリ性のものが多くあり、皮脂や泥などの汚れに対して洗浄力が高い特徴があります。洗剤の種類には、合成洗剤とせっけん洗剤があります。

合成洗剤は、石油や天然油脂などを合成して作られています。

せっけん洗剤は植物由来の天然油脂などで作られており、肌にやさしく汚れがよく落ちます。

粉末洗剤のデメリットとしては、水に溶けにくいため、洗濯物に洗剤が残りやすい点が挙げられます。しっかりすすぎをする必要があります。特に、洗濯の時の水温が低い時(冬場など)は溶けにくいので洗時にはお湯を使うと溶けやすく使用しやすいです。

ランニングウェアの臭いの対策

ランニングウェアの臭いの対策は、臭いがつかないようにする、臭いがとれない時、その他での対策げ考えることができます。それぞれの臭いの対策をまとめましたので参考にしてください。

対策1 ~臭いがつかないように~

ランニングウェアは、吸収速乾効果の高い機能性のウェアを使用することが多いと思います。機能性のウェアは、極細の繊維で作られている為、皮脂や垢などが繊維に混ざり、皮脂の常在菌が繁殖しやすくなります。ランニング後、洗濯カゴに入れたままだったり、ウェアを鞄に入れたままであると、菌が繁殖し臭いがつきやすくなります。湿った状態で放置すると特に雑菌が繁殖し、臭いを発生させてしまいます。その為、使用後はなるべく早く洗濯するのが必要です。無理な場合はハンガーなどに吊るして干しておくと雑菌の繁殖を少しでも抑える事ができます。

対策2 ~臭いがおちないようになってしまったら~

吸収速乾効果の高い機能性のウェアは極細の繊維で作られている為、皮脂や垢などが繊維に混ざり、皮脂の常在菌が繁殖しにおいを放つようになると言われています。服に着いた菌は洗濯しても落ちにくく、繁殖しながらこびりついていきます。これが洗濯してもなかなかおちないしつこい臭いとなります。

一度ついてしまった臭いはなかなか落とすことは出来ません。少しでも臭いを落とすためには、洗濯する直前に、少量の酢や重曹、レモン汁を入れた水に30分程度つけおきをしてから洗濯をすると繊維についた菌が死滅し臭いも落ちます。さらに洗濯時に、洗剤と一緒に重曹を入れて洗濯するとこうか倍増です。しかし、洗剤は漂白剤が入っていないものを使用して下さい。

つけおきしてからの洗濯をしている人は多いと思いますが、それでも臭いが気になる場合は、重曹を入れての洗濯を試してみて下さい。洗っても洗っても汗の臭いがなかなか取れない時は是非ためしてみて下さい。

対策3 ~定期的にウェアの買い換え~

ウェアを長く着続けていると、生地の傷みよって汚れがたまりやすくなり、臭いを落としきれず、臭いがきつくなります。また、洗濯の回数が増えれば増えるだけ生地は劣化するので汚れもたまりやすくなり臭いの原因になります。生地の傷み、劣化は着用回数、洗濯回数が多ければ必ずありますので、定期的にウェアの買い換えをする事も必要です。使用頻度の高いウェアは、1年毎の買い替えが目安ではないでしょうか。

まとめ

2019-08-06マラソン

Posted by takacyan