紫陽花(アジサイ)とランニング

この時期(6月から7月)にランニングをしていると、アジサイを見かける事がおおいと思います。

私が、よく走る道にはアジサイロードと言われている場所もあります。

毎年綺麗な色のお花を見ながらランニングを楽しんでいます。そのランニングでふとアジサイの花な色について疑問に思う事があり、花の色に注目してランニングをしてみました。アジサイの色は土の酸度により異なった色の花が咲くと記憶していましたが、咲いている花をよく見ていると同じ土壌に違う色の花が咲いていて どうして? となりました。

そこでアジサイの花の色について調べてみました。

紫陽花の花の色

アジサイの色は、アジサイの花の中にある 「アントシアニン」「補色色素」と土の中に含まれる「アルミニウム」が関係しているようです。

土の中のアルミニウムがアジサイの根に吸収され、アントシアニンと結合するかどうかで花の色が決まります。

アジサイの花が青色の場合

土中のアルミニウムが吸収され、色素と結合して花は青色に発色します。

アジサイの花がピンク色の場合

土中のアルミニウムが吸収されないと花はピンク色になります。

アルミニウムは酸性土壌でよく溶け、アルカリ土壌では溶けないため、土が酸性であると青花になり、中性~アルカリ性であるとピンク花になりやすいと言えます。一般的に、日本の土壌は酸性土壌といわれていますので、青色の花なアジサイが多くなるとおもわれますが、土の入れ替えや肥料を与えているかにより土壌の状態により花の色が変わリます。

マラソン

Posted by takacyan