紫陽花(アジサイ)とランニング

この時期(6月から7月)にランニングをしていると、アジサイを見かける事がおおいと思います。

私が、よく走る道にはアジサイロードと言われている場所もあります。

毎年綺麗な色のお花を見ながらランニングを楽しんでいます。そのランニングでふとアジサイの花な色について疑問に思う事があり、花の色に注目してランニングをしてみました。アジサイの色は土の酸度により異なった色の花が咲くと記憶していましたが、咲いている花をよく見ていると同じ土壌に違う色の花が咲いていて どうして? となりました。

そこでアジサイの花の色について調べてみました。

紫陽花の花の色

アジサイの色は、アジサイの花の中にある 「アントシアニン」「補色色素」と土の中に含まれる「アルミニウム」が関係しているようです。

土の中のアルミニウムがアジサイの根に吸収され、アントシアニンと結合するかどうかで花の色が決まります。

アジサイの花が青色の場合

土中のアルミニウムが吸収され、色素と結合して花は青色に発色します。

アジサイの花がピンク色の場合

土中のアルミニウムが吸収されないと花はピンク色になります。

アルミニウムは酸性土壌でよく溶け、アルカリ土壌では溶けないため、土が酸性であると青花になり、中性~アルカリ性であるとピンク花になりやすいと言えます。一般的に、日本の土壌は酸性土壌といわれていますので、青色の花なアジサイが多くなるとおもわれますが、土の入れ替えや肥料を与えているかにより土壌の状態により花の色が変わリます。

音楽時(愛知県江南市)へ紫陽花ランニング(2021年)

愛知県江南市にある琴聲山音楽寺では毎年6月上旬から下旬にかけてあじさいまつりが開催されます。紫陽花の花が咲くころには33種約1,200株のあじさいが咲き誇るため、あじさい寺とも呼ばれています。あじさい祭り期間中には、円空仏の拝観もできます。(有料300円、小・中学生無料)

2021年は新型コロナウイルスの感染拡大、緊急事態宣言の発令に伴い、あじさいまつりは中止となりました。しかし、紫陽花の観賞は制限なく自由に鑑賞できます。

2021年琴聲山音楽寺の紫陽花の様子

愛知県のあじさい祭り

愛知県で開催されるあじさい祭りの紹介です。

  • 形原温泉 あじさい祭り(愛知県蒲郡市)
  • 稲沢あじさいまつり(愛知県稲沢市)
  • 音楽寺 あじさい祭り(愛知県江南市)
  • 本光寺紫陽花まつり(愛知県幸田町)
  • 尾西あじさいまつり(愛知県一宮市)
  • 小牧市総合公園 市民四季の森 バラ・アジサイまつり(愛知県小牧市)

2019-06-27マラソン

Posted by takacyan