雨の日のマラソン大会の注意点と対策

マラソン大会は天候にあまり関わらず開催されます。

大会の規模や、運営者によって異なりますが、警報レベルでなければ雨の日でも大会は開催されます。ランナーには、雨の日が苦手なランナー、晴れの日が苦手ランナーなど、天候の好き嫌いは様々です。

雨の日のランニングが苦手、雨の日の大会は走りたくないというランナーに雨の日のマラソン大会の準備や、レース中、レース後に必要な雨の日対策を考えてみました。もちろん、天候に関係ない、雨の日もへっちゃらというランナーにも参考になればと思います。

せっかく大会に合わせて練習をしてきたのですから、雨の日でも、大会を楽しんで走り、ゴールを目指しましょう。(体調も考慮して参加の有無は決めて下さい)

 雨対策〜事前の準備(レース前)〜

雨の日の大会では、会場に着いてからスタートまでが特に辛いのではないでしょうか。

一旦走り始めてしまえばある程度の雨は気にならない事も多いのですが、会場に着いて、着替えてスタートするまでは、体よりも気持ちが疲れてしまいます。特に、大きな大会であればあるほどスタート前の整列時間が長く、荷物を置いてから1時間近く待機しなくてはならない場合もありますのど、雨に濡れて体が冷えてしまいます。この着替えてからスタートするまでが雨の日のマラソン大会で一番注意する所と思います。

〜対策〜

荷物を置いてからスタートまでを、いかに雨に当たらないか、体を冷やさないか、が大切になります。

まずは、雨に少しでも当たらないように、ポンチョやカッパなどを着用する事をお勧めします。ポンチョは、軽量でアウトドア用のポンチョや、マラソン用のポンチョ(asicsなどから発売されています)、100円ショップのポンチョ(カッパ)、ごみ袋を切り抜いて作ったものなどを着用して体が少しでも濡れないようにします。

軽量でアウトドア用のポンチョは、撥水性も高く体が濡れにくいのですが、高価なものが多いめ、ゴールまで羽織るか持っていがなければなりません。

マラソン用のポンチョやカッパ(asicsなどから発売されています)は、個人的には一番おすすめです。体幹部が濡れにくく、マラソン用に開発されておりた走りやすく、蒸れにくいくくスタート後も着て走るのにも抵抗は少ないです。価格も300円〜500円ですので、雨が止んだり、暑くなってきたら捨ててしまえば荷物になりません。

100円ショップのポンチョ(カッパ)やごみ袋を切り抜いて作ったものは、スタート直前までの雨、防寒対策に使えます。スタート後も来て走っても大丈夫ですが、走る用に作られていないので走る時に邪魔になったり、ポンチョ、カッパの中が蒸れてしまいサウナの様になってしまう事もあります。比較的安価で購入できるので使い捨てが出来ることがメリットです。

ウェアは、化学繊維のウエア、水を溜めこまない素材の服を着用します。

シューズは防水加工されたゴアテックスのシューズもいいのですが、雨が降っている状況ではゴアテックスのシューズでも濡れて、通気性もあまり良くないので足が蒸れてしまいます。そのため、通気性の良い通常のランニングシューズが個人的にはおすすめです。

ソックスは濡れてしまうと冷たくなるので、綿のソックスや、分厚いソックスは避けるようにします。水分を含むと蒸れたり、足先が冷えてしまいます。また水分を含むと重たくなってしまいます。

その他に、ウェアや靴、防止に防水スプレーをかけることも雨に濡れない対策となります。また、帽子は被り、雨が顔に当たらない様に深めにかぶるといいと思います。もちろん防水スプレーを帽子にもかけておいで下さい。

さらに、腕や足の露出部分にワセリンを塗ると肌に対して防水、保温の効果があります。

雨対策〜レース中〜

レースがスタートしてからゴールするまでは、体を冷やさない様にする事が大切です。また、レースでは人によりますがフルマラソンで約3〜6時間、ハーフマラソンで1〜2時間30分かかります。この間に、雨が強くなって気温が下がったり、雨が止んで気温が上がったりと天候、気温は変わりますので対応していかなくてはなりません。

〜対策〜

走るペースが速く最後まで失速しない人はスタート直前直後又はスタートしてから数キロ先でポンチョを捨てて、レースは失速しないようにペース配分を気をつけましょう。

ゆっくりペースの人は最初から最後までポンチョを着て走ることをおすすめします。途中で雨が止んだりしても捨てずに持って着て走るか、持って走るのがおすすめです。雨で体が濡れてしまっているので、雨が止んでも濡れたウェアにより体温は奪われてしまいます。帽子は深めに被り雨が顔になるべく当たらないようにします。

体が冷えてしまうと、足が攣ったり、低体温症の危険もありますので濡れないようにする事と、レースペースを落とさない様にペース配分に注意して下さい。

ランニングシューズは足は濡れる事を覚悟で走りますが、極力水たまりに入るのを避けるようにします。足先が冷えると極端にパフォーマンスが落ちますので記録狙いで走るのも辞めた方が良さそうです。

体が冷えてしまうとエネルギーが普段より消費されます。そのため、普段より少し多めにエナジージェルなどでエネルギー源、糖分を取することをおすすめします。

雨対策〜レース後〜

レース後はいちはやく濡れた服を脱ぎ、体が冷えない様に体を拭きましょう。また、寒さを感じる時は温かい飲み物や食べ物で体を温めましょう。

まとめ

雨の日のマラソン大会は、晴れの日に比べて難しいレースとなります。雨の日のランニングの対策方法を知っていれば恐れることはありません。とにかく、レース前、レース中、レース後問わず体が冷えない様にしましょう。体調が悪くなったり、体が冷えて震える様な事があれば早めにレースをやめ(DNF)しましょう。

マラソン

Posted by takacyan