寒い日のランニングの注意点と対策

夏から秋秋から冬へと、マラソンシーズンの季節になってきました。ランニングやジョギングを行なっている人は、寒い時期のランニングはどのように行っていますか?寒くなると、外出することが面倒だったり、走る気分にならなかったりとなかなかランニング、ジョギングを継続して行うには根気がいります。また、気温が低いと、怪我など体の故障や不具合、風などの病気もあり、なかなか継続して走ることが難しくなってきます。

今回は寒い時期のランニングで、普段から注意をしている事を紹介します。

寒い時期のランニングの注意点

脱水に注意

寒い時期のランニングは、夏に比べ汗をかいたと感じません。しかし、この時期でも脱水になる事があります。夏のランニングでは、気温の高温に加え湿度も高いので汗は目に見える形でわかります。しかし、寒い時期のランニングでは、空気が冷たく乾燥しているため汗は皮膚の表面からすぐに乾いてしまい、汗をかいた感覚を感じなくなってしまいます。また、体の水分は皮膚や汗からだけではなく目や口などの粘膜や呼吸によっても奪われます。喉が乾いていない、汗をかいていないといって、水分補給を行わないと脱水状態となり、頭痛や吐き気、体がだるいなどの症状や意識を失うなどの可能性もあります。走る前の水分補給と、走っている間の定期的な水分補給を忘れないようにする必要があります。

ランニング中の脱水対策

低体温症に注意

気温が低い時期は、熱中症は起こりにくいのですが、低体温症や脱水、低血糖状態などが起こりやすいといわれています。低体温症は、体の中心の温度が下がった状態になる事で、通常は37℃前後ある体の中心部の温度が、35℃以下に下がった状態になってしまう事です。低体温症になり体の中心の温温が下がりすぎると、ランニングのパフォーマンスが落ちるだけでなく、体(臓器)の機能や、意識レベルも低下、不整脈や筋肉の硬直、呼吸機能の停止、心肺停止を起こす場合もあります。

血圧に注意

寒い時期では室内と屋外では気温の差が大きくなります。この気温差は、血圧の急な上昇を促し、心臓の負担が大きくなります。気温差で血管が収縮することが原因です。

特に血圧の高い人、不整脈が出たりする人は注意が必要です。冬にお風呂場での心肺停止が多くなるのも気温差による血管収縮が原因で心臓への負担が大きくなるためです。

怪我に注意

寒さ対策

まとめ

2019-10-19マラソン

Posted by takacyan