各務原へお花見ランニング~炉端遺跡~

各務原へお花見ランニング

今年最後の桜の花見ランニングは岐阜県各務原市の炉端遺跡公園の桜です。

満開からは少し散ってしまい新緑の葉が混じる桜の木でしたが、まだまだお花見ランといえるランニングでした。愛知県、岐阜県では桜の花の見ごろは過ぎてしまっているので、今年最後であり、平成最後の桜の花見です。

各務原市のお花見スポット

各務原市では新境川にお花見スポットがあり、新境川の両岸には約1,200本の桜並木道があり「百十郎桜」と言われています。

歌舞伎役者の市川百十郎が桜を寄贈したことから「百十郎桜」と呼ばれているようです。新境川までランニングに行こうと思いましたが、道中に炉端遺跡公園の看板が目にはいり、小学生の時の遠足で行った事を思い出し、懐かしくて立ち寄りたくなりました。炉端遺跡公園にも桜の花が沢山咲いており、お花見ランが出来ました。

炉端遺跡公園

炉端遺跡公園は、各務原台地の中央に位置する集落遺跡で、縄文時代中期の竪穴住居などが発掘され、10基の竪穴式住居跡や、縄文土器、石器が発見された場所です。縄文時代の風景を見学できる公園です。竪穴式住居は、円形や方形に地面を掘り、複数の柱を建て、梁や垂木をつなぎあわせて家の骨組みをつくり、骨組みの上を土や葦などでおおっと屋根にした建物です。

炉端遺跡公園

竪穴式住居跡

竪穴式住居跡

竪穴式住居跡

炉端遺跡公園の桜

炉端遺跡公園の所在地

岐阜県各務原市鵜沼三ツ池町6-342

入場料:無料

最寄り駅:

名古屋鉄道各務原線、二十軒駅

JR高山本線、各務ヶ原駅

各務原の読み方

各務原は「かかみがはら」と読みます。しかしつい最近まで「かがみはら」と読んでいました。各務原市内の施設や店名は「かがみはら」と記載がある場所もあります。また、JRの駅名は「かがみがはら」であり読み方が多数あります。正式名は「かかみがはら」ですが、市内では読み方は気にされていないようです。

各務原市で開催されるマラソン大会

各務原市では毎年3月に各務原シティマラソンが開催されています。このマラソン大会は、第1週目又は2週目の日曜日におこなわれます。例年ではハーフマラソンや、10キロマラソン、3キロマラソンなどが行われ、各務原市内を走るコースが設定されます。過去の大会では、各務原自衛隊基地の記念行事の1つとして、自衛隊基地滑走路をコースとした大会も開催されました。滑走路をメインとしたマラソン大会は日本でははじめての試みだったようです。また、このマラソン大会のスタート地点、会場は、川崎重工ホッケースタジアム(岐阜県グリーンスタジアム)で、アテネオリンピックの時に、さくらジャパン(ホッケー日本代表)の強化施設として使用さた場所です。


各務原シティマラソン会場

川崎重工ホッケースタジアム(岐阜県グリーンスタジアム)

この時期の各務原市周辺では名古屋ウィメンズマラソン名古屋シティマラソン、犬山ハーフマラソン、関シティマラソン、ぎふ清流ハーフマラソンなど毎週のようにハーフマラソンやフルマラソンが開催されます。

その他のお花見ランニング

ランニング中のトラブル