膝の痛み〜変形性膝関節症〜

変形性膝関節症は、加齢やオーバーワーク、外傷や炎症の後遺症などにより、膝への衝撃を和らげる軟骨が擦り減り、膝の骨同士が衝突して膝に痛みが出る症状です。

変形性膝関節症とは

膝関節における痛みの症状で多いとされている変形性膝関節症についてまとめました。

膝関節の構造

膝関節は、大腿骨、脛骨、膝蓋骨で構成されており、脛骨の外側には腓骨が併走して存在しています。
関節内の骨の表面は軟骨でおおわれていて、大腿骨と脛骨がぶつからないように骨と骨の間には半月板があります。また、関節部分は関節包でおおわれ内部には関節液で満たされています。
関節液は関節をスムーズに動かすために潤滑油のような働きをします。

(関節液は関節包の内側の滑膜から分泌されています。)

膝の曲がる角度は、最大で約150度です。しゃがむ時には約120度曲がります。歩くときや走る時には約60度曲がります。

正常の膝関節のイラストです。大腿骨、脛骨、軟骨、滑膜の位置関係がわかるイラストです。
正常な膝関節

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は、体重や加齢などの影響により骨の表面の軟骨がすり減り、骨同士がぶつかることによって膝に強い痛みを生じるようになります。他に加齢や肥満、外傷も原因となることもあります。

変形性膝関節症の初期の段階では、骨の表面の軟骨にひびが入ったり、軟骨がすり減り、痛みや炎症をおこします。軟骨のひびは外傷や強い衝撃によることが多く、ひびが入ることで衝撃を吸収する力が弱まり痛みや炎症をおこします。また、軟骨のすり減りも衝撃を吸収する力が弱まり痛みや炎症をおこします。

この時、関節包の内側にある滑膜が厚くなり関節液が異常に分泌されて関節内に貯まり、腫れたり痛みの増強がおこります。また関節の動きが悪くなることもあります。

変形性膝関節症の初期の段階のイラストです。軟骨がすり減り関節の間が狭くなっている様子が分かります。また関節の中に水が溜まった様子のイラストです。
変形性質関節症(初期)

変形性膝関節症の初期の段階から進行期になると、軟骨がとても薄くなったり、なくなったりして骨同士がぶつかりやすくなります。骨同士がぶつかることによって、骨が削られ棘状になり膝の変形が目立つようになっていきます。また滑膜は更に肥厚していきます。

変形性膝関節症の進行期のイラストです。軟骨が薄くなり骨同士がぶつかり骨が変形しています。骨棘になっているイラストです。
変形性膝関節症(進行期)

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の症状

主な症状は運動時の膝痛です。

歩行開始時や階段昇降時の痛み、関節の腫れ(関節腫脹)、関節変形、関節の可動域の障害、筋力低下などの症状が現れます。

変形性膝関節症の初期の症状

変形性膝関節症の初期では、朝起きた時に膝に違和感を感じることが多いと言われています。
起床時の第一歩のときの「膝の違和感」です。
この時の違和感は、痛みとはいえない普段とは異なる感覚で、動いたときにのみの違和感です。
動かないで休むと違和感や痛みがなくなる場合がほとんどです。

また、歩きはじめや走りはじめなどの動作を開始時する時に痛みが発症し休むと痛みがとれる症状の時もあります。一時的な痛みだけで軽快する場合もありますが、症状が悪化すると、階段の昇降や正座が困難となる位の痛みが現れるようになります。

変形性膝関節症の中期の症状

初期症状を放置して症状が悪化していく場合には、痛みの頻度が多くなったり、膝の可動域が狭くなる(完全に曲がりきらない、伸びきらない)状態になり、しゃがむ動作や、正座などの動作が苦痛になってきます。
また、階段の上り下りがつらくなります。特に下りがつらくなります。

その他に、炎症が生じて膝の周辺が腫れる、熱をもつ、膝に水が溜まるようになります。

さらに悪化すると、何もしていない時、安静時にも痛みが継続するようになります。また、膝の変形がかわり、膝に力のかかる動きをするとコツコツ、ゴリゴリなどの異音を自覚するようになります。

変形性膝関節症の中期の症状

さらに放置し症状が悪化すると、日常生活に支障が起こるほどの痛みになります。そのため日常生活に支障が出るようになり、仕事や買い物、旅行などの活動が苦痛になり行動範囲、活動範囲が狭くなります。

家の外に出ない生活が続くと認知症などの痴呆症状が現れる人もいます。また、骨の変形が目立つようになり、関節の変形によりO脚(ガニ股)となります。

変形性膝関節症の予防

ランニングでの変形性膝関節症の予防方法

ランニングでの着地における、膝の負荷を減らす事が一番の予防法です。膝の負荷を減らす方法としては、体重増加を防ぐ事、膝周囲の筋肉をつける事です。その他に、膝に負担をかけないようなランニングフォームを身につけてランニングを行う事です。

体重増加は単に体が重くなれば膝にかかる負担も多くなるため、体重を減らす事も効果があります。

膝の周囲の筋肉をつける事は、膝の筋肉はランニングでの着地の衝撃を吸収してくれるため膝への負担が軽減されます。

膝に負担をかけないようなランニングフォームは、膝が内側に入らないようし膝に負担をかけないようなランニングフォームです。

日常生活での変形性膝関節症の予防方法

日常生活で変形性膝関節症を予防するには、大腿四頭筋(ふとももの前の筋肉)を鍛えることや、肥満がある場合にはダイエットをするなどがあります。普段の生活の上では、正座をさけたり、和式トイレではなく洋式トイレを使用するなどがあります。また、膝を冷やすと血行が悪くなるため、温めて血行を良くするなどがあります。

ストレッチをすることで痛みが悪化してしまう理由

痛みがある場合、ストレッチを行う人は多くいると思います。
ストレッチは正しい方法、正しいタイミングで行うととても効果はありますが、
間違った方法、タイミングで行うと痛みが悪化してしまうことがあります。

ストレッチで痛みが悪化してしまう3つの理由。

1、痛いところまで伸ばしすぎてしまう。

筋肉は縮む伸びるを繰り返すこと動かすことができます。筋肉の滑りが悪くなり縮んだ筋肉を伸ばすストレッチはとても効果がありますが、
痛いと感じるところまで伸ばしてしまうと縮んだ時にかたまってしまいます。
一度筋肉が伸びすぎたあとに縮んだ筋肉はがちがちに固まってしまい痛みの原因になります。
ストレッチで筋肉を伸ばすときには、伸ばして気持ちいいと感じるところで15~20秒静止して緩めると効果は発揮されます。

2、ストレッチをする時間、タイミングが悪い

筋肉ががちがちに縮んでしまっている時には伸ばそうとすると痛みが生じます。
特に、朝、座りっぱなしなど体を動かしてない時は筋肉が固まってしまっているため、この時急にストレッチを行うと痛みを生じることがあります。
この時筋肉はがちがちに固まっている状態から無理に伸ばそうとするため炎症を起こし痛みが発生します。
ストレッチを行う時間、タイミングは、夜やお風呂上がり、体を少し動かしたあとに筋肉が温まって柔らかくなってから行うと効果が発揮されます。

3、ストレッチの方法が間違っている

伸ばしたい筋肉を伸ばそうとして間違ったフォーム、形で行うと、目的の筋肉を伸ばすことができてないことが多く、ストレッチの効果はありません

以上、ストレッチで痛みが悪化してしまう3つの理由を紹介しました。
正しい時間、タイミング、方法でストレッチを行わないと、ストレッチの効果はありませんので、正しい知識を持ってストレッチを行いましょう。

変形性膝関節症とうまく付き合うには

まとめ

膝の怪我