ランニング中の怪我〜膝の骨折〜

骨折種類

骨折には骨の折れ方によって、単純骨折、複雑骨折、粉砕骨折、疲労骨折、圧迫骨折、剥離骨折、皮下骨折などにわかれます。

単純骨折

単純骨折は閉鎖骨折とも言い、骨折した骨が皮膚表面から露出していない状態をいいます。

複雑骨折

複雑骨折は開放骨折とも言い、骨折した部位の皮膚も損傷し骨が皮膚表面から露出した状態をいいます。

粉砕骨折

粉砕骨折はスポーツ、交通事故による強い衝撃で、骨が粉々に砕ける骨折をいいます。

疲労骨折

疲労骨折は同一部位に継続的に力が加わることが原因で骨が折れた状態をいい、足や腰に疲労骨折が起こることが多いです。

圧迫骨折

圧迫骨折は、骨が潰れることによる骨折で、腰の骨に起こることが多いです。骨粗しょう症に関係が深い骨折です。

剥離骨折

腱や靭帯の結合部から骨が剥がれた状態で、外部からの衝撃や日常的な動作が原因となることが多いです。手や足の関節部分に起こることが多いです。

皮下骨折

皮膚の下で骨折した状態で、内出血によるあざができてその後変色します。

膝蓋骨骨折

膝蓋骨は、膝関節の前方にある骨で、膝のお皿の部分です。形は丸いお皿のような形をしています。

膝蓋骨の働きは、膝関節の屈曲・伸展の動きの中心で効率良く膝関節が動くように働いています。膝蓋骨の上方からは、膝関節を伸展させる筋肉の大腿四頭筋の腱がつき、下方へは膝蓋腱が脛骨につきます。

膝蓋骨に外傷などにより外から力が直接かかった結果、骨が割れたりかけたりする事があります。特に多いのが交通事故により膝の強打や、スポーツ中の接触による外傷です。

(屈曲: 関節を曲げる事 伸展: 関節を伸ばす事)

膝蓋骨が骨折する原因

転倒や交通事故、スポーツ中の接触などにより膝の前面の強打や大腿四頭筋の急激な収縮などがあります。

膝蓋骨骨折の症状

膝蓋骨ご割れたりヒビが入ると、膝に強い痛みや腫れが生じたり、屈曲、伸展がしづらくなったりします。また、歩いたり走ったりする時に歩行、走行が不安定になります。さらに、ぶつけた事による皮下出血やあざが現れることもあります。

その他に、骨折部からの出血が原因で関節内に血がたまり関節が腫れたり、炎症により水が溜まったりする事もあります。

その他、膝周囲の怪我や損傷

2020-08-10マラソン 怪我

Posted by takacyan