女神湖ビーナスマラソン〜概要と攻略と参戦記〜

長野県北佐久郡立科町で開催される、女神湖ビーナスマラソンの概要と攻略を紹介します。また、実際に大会に参加した参戦記や、立科町の観光についても紹介します。

女神湖ビーナスマラソンの概要

女神湖ビーナスマラソンにおける、例年の開催時期、開催会場、種目、定員などの紹介です。
各年の開催要項は 

”過去の女神湖ビーナスマラソン~開催要項と大会の様子~” 

を参照してください。

女神湖ビーナスマラソンは、長野県北佐久郡立科町にある、白樺高原国際スキー場を発着とするマラソン大会です。立科町は、日本一広い面積を誇り、伝統息づく古い町並や自然豊かな乗鞍岳などを望むことができるところです。女神湖ビーナスマラソンでは立科町の自然や伝統を体感できるコースが設定されており満喫できます。また参加したことに対して後悔のないおもてなしも体感できると思います。

コースは高低差が最大標高差200m超となっており国内屈指のタフなコースで、ビーナスライン、県道40号線を通るコースです。
また、標高1500mで開催される大会で、酸素の薄い準高地の大自然の中で行われるます。

  • 開催時期:毎年6月中旬
  • 大会種目:ハーフマラソン、10Km、1.5km
  • 会場:白樺高原総合観光センター(長野県北佐久郡立科町大字芦田八ヶ野745):野県北佐久郡立科町

長野県北佐久郡立科町の紹介

長野県北佐久郡立科町は蓼科山のからの良質の超軟水に恵まれた地域で、南北へ細長い地形でひょうたんのような形の町です。

立科町は、高原エリアと里山エリアに分けられており、高原エリアでは、標高1500m付近の蓼科山麓のエリアで、車山高原-霧ケ峰-美ヶ原を一望できます。里山エリアは山々に囲まれ、軽井沢や佐久、小諸、上田地域とつながりが濃く、史跡、寺社、農村の田園風景などが楽めます。

ビーナスマラソンは、主に高原エリアで開催されます。

また、お米やりんごがおいしく評判がいいです。蓼科牧場(御泉水)には、幸せの鐘や御神木があり、パワースポットとされています。蓼科山と御神木に祈りをささげ、幸せを願いながら鐘を鳴らすこともできます。

恋人の聖地(幸せの鐘)
出典:http://www.town.tateshina.nagano.jp/0000001620.html

女神湖ビーナスマラソンの攻略

エントリー編

エントリー期間は例年では1月中旬~4月中旬です。ランネット、スポーツエントリー、JTBスポーツステーション等でエントリーできます。

大会当日編

駐車場について

会場となる白樺高原総合観光センター周辺に無料臨時駐車場(約600台)があります。

受付時間(前日) 15:00~18:00、受付時間(当日) 7:45~9:00と2日間の受付が可能です。大会当日の受付はかなり込み合いますので前日の受付がおすすめです。

受付について

受付時間(前日) 15:00~18:00、受付時間(当日) 7:45~9:00と2日間の受付可能

荷物預けについて

あり(貴重品の預かりはしてくれませんので自己管理となります。)

トイレについて

一般的なマラソン大会でのトイレ対策

スタート前整列について

レースについて

足にまめができたとき

ランニング中の脱水対策

マラソントラブル対策〜腹痛対策〜

レース後について

水分補給について

コースの概要と攻略

コースの概要


ハーフマラソン
10Km
1.5Km

コース攻略


ペース表

ハーフマラソンペース表

たかちゃんの要望(独り言)~サブ3へのmemo~

おすすめのマラソン大会

過去の女神湖ビーナスマラソン~開催要項と大会の様子~

過去に行われた女神湖ビーナスマラソンの開催要項と大会の様子の紹介です。

2021-06-18マラソン大会

Posted by takacyan